UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9881

タイトル: 統計地震学に於けるSchwankungの理論の応用
その他のタイトル: An Application of the Theory of Fluctuation to Problems in Statistical Seismology
著者: 岸上, 冬彦
河角, 廣
著者(別言語): Kishinouye, Huyuhiko
Kawasumi, Hirosi
発行日: 1928年3月28日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第4冊, 1928.3.28, pp.75-83
抄録: The object of this investigation is to introduce the application of the theory of fluctuation to some problems of statistical seismology. We have investigated the fluctuation of the number of earthquakes instrumentally registered in some units of time, taking the statistical after-effect into consideration.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9881
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0040007.pdf388.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください