UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9896

タイトル: On the Correlation between the Long Period Fluctuation of Barometric Gradient and the Occurrence of Earthquakes in Kwato District, Japan
その他のタイトル: 関東に於ける気圧勾配の長週期変化と地震発生との関係
著者: Inouye, Win
著者(別言語): 井上, 宇胤
発行日: 1928年8月24日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第5冊, 1928.8.24, pp.43-57
抄録: 宇都宮と布良及び銚子と甲府の毎日午前六時の気圧の差を正十五年一月から九月迄の九ケ月間中央気象台から発表して居る天気図の裏面の気圧の価から求めそれ等を適当になだらかにしてから組合せて関東地方の気圧勾配の長週期変化を求めました。
URI: http://hdl.handle.net/2261/9896
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0050004.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください