UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9897

タイトル: On the Diffraction of Elastic Waves
その他のタイトル: 壇性波の廻折に就て
著者: Sezawa, Katsutada
著者(別言語): 妹澤, 克惟
発行日: 1928年8月24日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第5冊, 1928.8.24, pp.59-70
抄録: 間隙による音波の廻折に就てはレーレー卿などによつて其の解を興へられてゐるが、弾性波に於ける同問題は今日に到るまで遂に提出を見なかつた様である。近年マシュー函数の発展は可なり著しい様に思はれるが、それを適当に利用して、著者は弾性波が障碍の間隙を通つてから廻折する理論を計算した。マシュー函数が未だ極く完全な発達の領域に達して居らぬから、多少の欠陥はあるが、大体其の廻折の性質を極め得る様に見える。
We have thus obtained some results having theoretical interest on seismology by the use of Mathieu's functions: the principal results are enumerated as follows: 1. Elastic waves passing through an aperture of a screen are diffracted in complex manners. 2. When the barriers are free from stress and the primary waves, propagated perpendicularly to the barriers, are purely dilatational, the diffracted waves are of two kinds, that is, dilatational and distortional types, energy of each kind of waves being of comparable magnitude. 3. When the barriers are very rigid and the primary waves are of the same nature as the above case, the principal diffracted waves are of the dilatational kind, resembling to the diffraction phenomena of sound waves.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9897
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0050005.pdf434.32 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください