UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9902

タイトル: 支壁式鉄筋混凝土堰堤の耐震法に就て
その他のタイトル: New Method of Improving the Seismic Stability of Reinforced Concrete Dams
著者: 物部, 長穂
著者(別言語): Mononobe, Nagaho
発行日: 1928年8月24日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第5冊, 1928.8.24, pp.123-141
抄録: In this paper the author proposed a new method of improving the seismic stability of reinforced concrete dam with buttress walls. He uses a number of horizontal, struts, each of which spans over the canyon, connecting the buttress walls. Both ends of each strut are to be rigidly anchored to the side slopes of the canyon, in most cases at footings of buttress walls. Horizontal component of seismic force acting on the dam is to be transmitted to the anchores by the struts, of which larger part is in compression and another in tension. The author studied statical properties of this type of structure and made it clear that the horizontal deflection of buttress walls due to seismic force is remarkably decreased and the material provided against the danger is considerably saved.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9902
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0050010.pdf910.83 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください