UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9919

タイトル: 丹後地震の余震観測調査報告(第1報)
その他のタイトル: On the Aftershocks of the Tango Earthquake
著者: 那須, 信治
著者(別言語): Nasu, Nobuji
発行日: 1929年4月23日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第6冊, 1929.4.23, pp.245-331
抄録: Introduction.-The destructive Tango earthquake, which occurred in the coast of the Sea of Japan on March 7, 1927, at 18h 27m was the most appalling catastrophe experienced in this country since the great Kwanto earthquake of 1923. It caused much greater loss of lives and property than in the case of the Tazima earthquake, which took place on May 23, 1925, at the place about 18 kms. to the west of the recent one.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9919
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0060014.pdf4.26 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください