UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9926

タイトル: Experimental Investigations of the Deformation of Sand Mass. Part III
その他のタイトル: 砂層の崩壊に關する實驗(第3報)
著者: Terada, Torahiko
Miyabe, Naomi
著者(別言語): 寺田, 寅彦
宮部, 直巳
発行日: 1929年7月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第1号, 1929.7.5, pp.65-93
抄録: (1) The experiments similar to those described in the previous two reports are repeated somewhat more systematically, using a kinemato-graphical camera for following successive stages of deformation with a sufficiently close step. (2) Two kinds of sand were investigated, each in two different states of packing, respectively for the cases of receding as well as pressing the side wall of the containing vessel.
前二回の報告に誌したと同様に、砂層の横壁を後退或は前進させて断層を生ぜしめる實驗を、今度は活動寫眞器械を用ゐて、前よりは稍系統的に繰返した。其結果によつて從前の結果を確めると同時に、又、砂砂の大小及其の充塡粗密度の差異に因る異同を、前よりも詳しく又確に知る事が出來た。Stress ellipseの考を用ゐて、此等の實驗の場合に於ける砂層の變形破壊の機巧を考察した結果として、砂の摩擦角が砂の充填度により又其運動状態によつて色々に變る事が、現在の場合に重要な決定因子であるといふ考へを確かめ、其考へから階段的断層の發生する經路を幾分明にする事が出來た。
URI: http://hdl.handle.net/2261/9926
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0071004.pdf1.32 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください