UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9930

タイトル: 丹後地震の餘震調査報告(第2報)
その他のタイトル: Further Study of the Aftershocks of the Tango Earthquake
著者: 那須, 信治
著者(別言語): Nasu, Nobuji
発行日: 1929年7月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第1号, 1929.7.5, pp.133-152
抄録: It was already reported by the writer in No. 6 of this Bulletin that, 1) The distribution of the foci of aftershocks of the Tango earthquake was extremely dense towards the west of the Gomura fault and also towards the south of the Yamada fault, whilst in the east of the former fault it was very rare.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9930
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0071008.pdf972.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください