UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9932

タイトル: Mesures des mouvements d'un batiment dans des conditions tranquilles
その他のタイトル: 平常時における一建築物の振動測定(梗概)
著者: Ishimoto, Mishio
Takahasi, Ryutaro
著者(別言語): 石本, 巳四雄
高橋, 龍太郎
発行日: 1929年7月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第1号, 1929.7.5, pp.175-184
抄録: 1.地震動に對する建築物の強度を論ずる場合においては、彈性體としての建築物の固有振動周期が問題となるのであるが、彈性振動を純粋に測定する事は多少の困難を伴ふのである。それは建築物振動の中には建築物が一塊となつて動揺する現象も含まれて居るからであつて、彈性振動と此の振動との間に確然たる區別を設けて測定しなければならないからである。2.平常時に存在する微動を利用して建築物の振動を測定する爲めに、第一圖に示した水平動、上下動微動計が製作ぜられたが、倍率は約3200,周期は1.5秒(水平動)及び1.0秒(上下動)を有してゐる。而して各成分の微動計において何れも同一記録を興へるや否やを驗するために一個所に二臺の微動計が並置せられ、同一振動が記録せられた。此の記録は第二圖に示す如きものであつて此の程度において相當信用が置けるのである。
URI: http://hdl.handle.net/2261/9932
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0071010.pdf793.74 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください