UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9934

タイトル: 丹後地方震災地復舊一等三角測量記事
その他のタイトル: Revision of the Primary Trigonometrical Survey in Tango Earthquake Districts
著者: 陸地測量部
著者(別言語): Land Survey Department, Imperial Japanese Army
発行日: 1929年7月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第1号, 1929.7.5, pp.187-191
抄録: Some results of the trigonometrical revision works carried out in Tango Districts after the recent destructive earthquake have already lieen published in this Bulletin, Vol. IV. Later, in 1928, a more extensive revision was carried out, comprising 18 primary and 7 suppdementary trigonometrical points which were all well preserved since the earlier survey in 1885-89. The comparison of the results of the two surveys gives the deformation of the triangulation net as shown in the Table and Figs.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9934
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0071012.pdf446.58 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください