UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9939

タイトル: Die Schwankungen der Makroseismischen Taetigkeitszonen um den Pazifischen Ozean
その他のタイトル: 太平洋に於ける激震帯の移動
著者: Miyabe, Naomi
著者(別言語): 宮部, 直巳
発行日: 1929年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第2号, 1929.0.0, pp.261-268
抄録: 地震の統計的研究の断片である。1996-1925の間に起つた太平洋附近の海底地震の中、理科年表の激震の表に記載されてゐるものを拾ひ出して之を統計的に取扱つた。震源の位置を示すのに、φ及びλによらず、λ=0,λ=180°なる點を極とする新らしい座標によつてあらはした。是等の地震の震源は、概ね、太平洋を環る帯状の地帯に入れられる。この帯状地帯、所謂地震帯は、時と共に多少の移動をなすことが認められる。その傾向は太平洋の西側の部分に於いて稍著しく目立つて見える。又、是等の移動は、極の移動等の他の地球物理學的現象とも多少關聯する様であるが、以上の統計に用ひた材料の數が極めて尠いため決然たる判断を下すことは出来ない。
URI: http://hdl.handle.net/2261/9939
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0072005.pdf351.18 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください