UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9941

タイトル: Volcano Kayagatake
その他のタイトル: 茅ヶ岳火山
著者: Ichiki, Masakane
著者(別言語): 市來, 政兼
発行日: 1929年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第2号, 1929.0.0, pp.335-380
抄録: 本報文の題目たる茅ヶ岳火山は富士と八ヶ岳との中間、北緯35°40-50.3'東徑138°25-36'に位す。此の火山の地質學的並に岩石學的調査により得られたる結果の要點を摘録すれば下の如し。(1)本火山群の火口は配置上地表の断層と直接の關係認められざれども、火山帯の一般走向なる北西-南東の方向に排列す。(2)火山活動は先づ石英安山岩の噴出を以て始り、是は黒富士火山を構成せり。ついで其の西肩を破り安山岩より成る茅ヶ岳を生ぜり。兩火山共今は著しく開析せられ其の原形を失ひ、又何等後火山作用に屬する現象を示さず。
URI: http://hdl.handle.net/2261/9941
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0072007.pdf5.68 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください