UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9951

タイトル: 地形から地殻の移動從て地殻に働く歪力を判断することの可能度に就いて
その他のタイトル: On the Possibility of Finding Stresses acting on and Displacements of the Earthcrust from its surface form
著者: 藤原, 咲平
高山, 威雄
著者(別言語): Fujiwhara, S.
Takayama, T.
発行日: 1930年4月8日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第3号, 1930.4.8, pp.523-530
抄録: The authors formerly established the law governing the relation between the sense of rotation or shear and that of produced vortex or echelon crack in connection with the divergence or convergence. They already applied the law to the analysis of the Great Japanese Earthquake on Sept. 1, 1923, and found the close agreement of the law with facts. In the present note they point out that the law is quite fulfilled by the echelon cracks of G6-mura fault produced on the occasion of Tango-Earthquake on March 7, 1927. In virtue, of the present law the sence of the echelon suggests to us the existence of compressive and anticlockwise shear along the fault, and the recent actual surveying of the district by the Land Survey Department of Japan proved that this is just the case.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9951
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0073009.pdf422.14 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください