UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9952

タイトル: 川の波路の變遷によつて知り得たる伊賀國島ヶ原地塊の運動
その他のタイトル: Recent Deformation of the Shimagahara Land Block in Prov. Iga as determined by Tracing the Vertical Change of River Courses
著者: 多田, 文男
著者(別言語): Tada, Fumio
発行日: 1930年4月8日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第7冊第3号, 1930.4.8, pp.531-553
抄録: The longitudinal profile of a river has been regarded as a curve which resembles a hyperbola or exponential curve, tangent to the base level. A continuous profile of a graded river like this will break and tend to make a cusped point, if such kind of deformation as to make the gradient of the lower course from a point in it steeper than that of the iipper one, do occur. There are vertical movements as shown in Table I, 1-5, by Avhich cusped points will necessarily be formed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/9952
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0073010.pdf1.45 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください