UTokyo Repositoryとは

発信拠点である。 UTokyo Repositoryは本学で生産されたさまざまな学術成果を電子的形態で集中的に蓄積・保存し,世界に発信することを目的としたインターネット上の発信拠点です。
 学術論文はもちろん,研究報告書,図書など,さまざまな学術コンテンツを公開できます。また,各研究科等で刊行する研究紀要類の電子ジャーナル化にもご利用いただけるほか,学位規則に基づく博士論文のインターネット公開にも使用されています。
 平成30年3月31日現在,UTokyo Repositoryでは38,735件の学術論文等を公開しています。UTokyo Repositoryに登録した学術論文等は,CiNii ArticlesやGoogle Scholarなどからも自動的に検索可能となり,多くの人の目に触れることが期待できます。

UTokyo Repositoryの沿革

2004年 6月           NIIの「学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクト」に参加
                          EPrintsで試行実験開始
                          NIIとのOAI-PMHによる連携を試行

2005年度              NIIのCSI委託事業第1期に参加
                             DSpace(日本語化パッケージ)による構築開始

第377回図書行政商議会(2006年3月)において、東京大学学術機関リポジトリの構築についても盛り込んだ「附属図書館プラン:東京大学アクション・プラン2005-2008に沿って」が承認され、これに基づき東京大学学術機関リポジトリが構築された。

2006年 4月1日     UT Repository 公開 (公開件数 1,018件)

2008年 9月           公開件数 10,000 件 到達

2013年 6月           公開件数 30,000件 到達

2014年 4月           英語名称をUT RepositoryからUTokyo Repositoryに変更

2017年10月2日    JAIRO Cloudへ移行しリニューアル公開

 
リポジトリ検索

よくある質問

お問い合わせ
 

コンテンツ募集中!

デジタルライブラリ担当
ir-support[at]lib.u-tokyo.ac.jp

カテゴリごと









 
UTokyo Repository